日医標準レセプトソフト クラウド版ORCA

日医標準レセプトソフト クラウド版「ORCA(オルカ)」とは

日医標準レセプトソフトクラウド版(ORCA)

日本医師会が提供し15,000件超の医療機関でご利用いただいている、安心と信頼の日医標準レセプトソフト「ORCA(オルカ)」をクラウドで提供するサービスで、医療情報システムの安全管理に関するガイドラインに準処した、安心と安全に細心の注意をはらったクラウドサービスです。

クラウド版「ORCA(オルカ)」の4つのポイント

管理業務が大幅に軽減できます。
クラウド版「ORCA(オルカ)」は、データセンターにて一元管理されているので、診療報酬改定時対応やバージョンアップなどの作業はすべてデータセンターにておこないます。医療機関様は日々のバックアップ作業やプログラム更新作業をおこなう必要がなく、常に最新の状態でご利用いただけます。

データ保管に関する心配が減ります。
データを院内に保持せず災害に強いデータセンターで安全に保管・管理されていますので、機器の故障や万が一の災害時などでもデータの破損や消滅、盗難を心配する必要がありません。

利用できるシーンが広がります。
インターネットに接続できる端末であれば、様々なOS・ハードウェア環境にてご利用いただけます。在宅や往診先でも利用することができるので、その場で処方せんや請求書を発行したり、ご自宅でレセプト確認をするなど、利用できる場所や活用方法が広がります。

導入コストを抑えることができます。
利用端末に対する制約が少なく高い性能も必要としません。 機器は医療機関様にてご準備頂くことも可能ですので、ハードウェアに対するコストを抑えることができます。

よくある質問

Q.情報漏えいの心配はないか?
A.災害対策・セキュリティ対策が講じられているデータセンターにてデータを管理・保管しており、データセンターとはVPN接続で暗号化通信をしているため、通信上の情報漏えいの心配はありません。
Q.iPadなどのタブレット端末で使用できるか?
A.インターネットに接続できる端末であれば、様々なOS・ハードウェア環境にてご利用いただけます。
Q.ネットワーク回線や機器で障害が発生した場合はどうしたら良いか?
A.携帯電話回線などの別回線でも、安全に接続しご利用いただくことが可能です。 (※ただし、事前に別回線を利用いただくための契約と環境の準備が必要です。)

ORCA Project:日本医師会総合政策研究機構

PAGE TOP