電子カルテシステム Doctor’s Desktop 3

電子カルテシステム「Doctor’s Desktop 3(ドクターズデスクトップ3)」とは

Doctor's Desktop3

日医標準レセプトソフト(ORCA)連動電子カルテとしてトップクラスのシェアを誇り、医療機関様の声を反映させた多機能な電子カルテとして、多くの医療機関様から高く評価されている電子カルテシステムです。

選ばれる理由

幅広い連携実績のある電子カルテシステム
160種類以上の各種医療機器との連携実績があり、さまざまなメーカーの画像ビューア関連ソフト、心電図・予約・リハビリ・透析管理などの他社システム、検査センターとの連携が可能です。拡張性のある電子カルテシステムをお考えの医療機関様から多くの指示を頂いています。
見やすい画面レイアウト
ログインID毎に表示する項目や画面レイアウトを設定することができるので、運用に合わせて表示項目を設定するだけでなく、使用する人が職種(医師、看護師、医事)にあわせて表示項目のサイズ変更やレイアウトを行い、見やすい画面を設定することができます。
充実の診療サポート機能
入力された検査結果やバイタル情報を患者様に見やすいグラフ表示にしたり、薬歴を期間指定して一覧表示するサポート機能がついており、インフォームドコンセントのツールとしてもお使いいただくことが可能です。
入力を支援する便利機能
入力した処方に対し患者様が持つアレルギーとのチェック、重複チェック、禁忌チェック等をリアルタイムでおこなう処方監査機能、カルテ登録時に処方した薬からレセプトに対応した候補病名を表示する機能が標準で実装されており、誤処方防止やレセプト提出時の病名漏れを防ぐのにお役立ていただけます。
複数カルテの同時操作が可能
複数患者のカルテを同時に開き、それぞれの閲覧・入力が行えます。同じ症状で家族が受診した場合や複数の患者を立て続けに診察する必要がある場合など、カルテを開きなおす必要がないので効率よく診療が行えます。

電子カルテ(日医標準レセプトソフト対応)システム | ドクターズデスクトップ3

PAGE TOP